イベントに花火を取り入れる3つの理由

夜空を彩る花火でイベントのフィナーレを飾りましょう

イベントを華やかに盛り上げる方法を探しているのなら、花火を取り入れることをおすすめします。

花火といえば夏の風物詩ですが、華やかな光と音の祭典は、アメリカの独立記念日などさまざまなお祝いに昔から取り入れられています。

実のところ、多くの歴史家が、花火の歴史は紀元前2世紀ごろの古代中国にさかのぼると考えています。初期の花火は竹筒を使ったもので、竹を火にくべて節の間に閉じ込められた空気を温め、大きな音を立てて爆発させていたそうです。花火の一種を指す中国語の「爆竹」は、その文字が示すとおり爆発する竹を意味しています。 

さて、時は移って21世紀。現代では竹筒の花火は使われなくなりましたが、祝日やフェスティバルなど多くのお祝いごとでは、イベントの終わりを盛り上げる花火が欠かせない存在になっています。

イベントの締めくくりとしてだけでなく、プランナーがイベントに花火を取り入れるべき理由を3つご紹介しましょう。

1. 花火はエンターテイメント。

盛り上がっていたイベントの雰囲気が徐々に消えていくのは、プランナーにとって最悪の出来事です。内容は良かったのにエンディングが思い出に残らないようなアジェンダは避けたいもの。最後まで出席者に楽しんでいただけるよう、イベントを締めくくる花火を打ち上げましょう。出席者が最後まで会場に残ることが期待できるだけでなく、花火の圧倒的な迫力によって、思い出に残る華やかな印象でイベントを締めくくることができます。

2. 花火は開催地のロケーションを活用する最適な方法。

美しいスカイラインのある都市でイベントを開催するなら、その見事な眺めを背景にして花火を打ち上げましょう。特にイベントの大部分が屋内で行われる場合は、その土地を初めて訪れた出席者に風景を堪能する機会を提供できます。

3. 花火は出席者をひとつにまとめる。

大勢が出席する大規模なイベントでは、さまざまなセッションが開催されることが多く、出席者は会場のあちこちに散らばってしまいます。開放的なレイアウトやフレキシブルなスケジュールが適したミーティングもありますが、それによりネットワーキングの機会が減ったり、友人や同僚と話をする機会が失われたりする可能性もあります。花火会場は会話をするのにふさわしい静かな環境ではないものの、出席者が1つの場所に集まるため、打ち上げの前後に交流することができます。

さて、花火を打ち上げる準備はいいですか?

Powered By OneLink