持続可能性を考慮したギフトバッグのアイデア6選

エコな取り組みでゲストに好印象を与えましょう

ギフトバッグをもらうのは誰でも嬉しいものです。しかし、受け取った時の喜びが消えたあともバッグの中身を使い続けるゲストはどれほどいるでしょうか。イベント名が印刷されたストレスボール、USBメモリ、サングラスなどは、しばらく使っただけで捨てられてしまうかもしれません。それではマーケティング予算が無駄になります。さらに良くないことに、そうした安価なアイテムは劣悪な労働環境で有害物質を排出しながら作られている場合があります。

ギフトの内容を見直して地球環境に配慮したものにすれば、ゲストのイベントに対する印象や安心感がアップするでしょう。さらに、ギフトが実際に利用されて、イベント終了後も長く記憶に残る可能性が高まるメリットもあります。持続可能性を考慮した6つのアイデアを取り入れて、ありきたりのギフトバッグを改善 (または一新) してください。

地域の食品会社を支援する

近くの製パン所やケータリング会社から取り寄せた地域の特産品は、美味しさと共にその土地らしさも届けることができます。ニューヨーク名物のブラック & ホワイトクッキーや、オハイオ州名物のトチノキを模してピーナツバターでコーティングされた「バッカイ」キャンディなどがその例です。

フィットネスや観光の体験を贈る

イベント参加者はすでに同じ場所に集まっているため、レジャーアクティビティを無理なく開催できます。会場でのヨガセッションや地域の史跡を巡るウォーキングツアーの無料チケットを配布してみてはいかがでしょう。仲間意識や運動を促進する素晴らしい方法です。

アート表現の場を提供する 

風景や複雑な模様を使った大人用のぬりえを用意すれば、1人でくつろぎながら楽しんでいただくことができます。大きな箱にたくさんのクレヨンを用意したり、色鉛筆のセットを配ったりして、クリエイティブな時間を楽しんでいただきましょう。

最高の瞬間を写真に残す

パーソナルブランディングが鍵となる業界では、イメージが重視されます。そんな場で誰もが喜ぶ贈り物といえば、プロが撮影した肖像写真。フォトグラファーを手配して、ゲストが会社のウェブサイトやマーケティング資料、ソーシャルメディアなどで使用できる高画質の写真を撮りましょう。

再利用できる食器を使用する

毎年、山ほどのブラスチックボトルや紙コップが埋め立て地に送られています。イベント会場でロゴをあしらったタンブラーやコーヒーマグ、コップを使ってゲストに飲み物を提供し、イベント後も使用していただきましょう。

チャリティに貢献する

イベントが慈善に関係するものであったり、ゲストが心の広い方々である場合は、善意を贈るギフトが大きなインパクトを生むでしょう。ギフトの内容を写真付きで簡潔にまとめてゲストに送り、通常はギフトバッグに使われる予算を動物保護や学童プログラム、地域の緑化などに使ったと報告する方法もあります。

Powered By OneLink