秋のミーティングに暖かみをプラス

季節感を盛り上げる美しい秋の装飾トレンド4選

秋はもう目の前。紅葉や暖かいカシミア、パンプキン スパイスラテの季節がやってきます。寒い冬が到来する前に、季節を感じさせるデザインのトレンドを取り入れて秋のミーティングを盛り上げてください。

ヴィンテージ感 


さわやかな秋の日にはアンティークが似合います。古き良き時代を感じさせるヴィンテージの缶や花瓶などを使って、赤やオレンジの花をたっぷりと飾りましょう。どの花にするか迷ったら、ガーベラなどのキク科やパンジー、ケイトウなど秋に咲く品種がおすすめです。

秋らしいセンターピース

花以外のセンターピースを取り入れるなら、ゴード (オレンジ色のヒョウタン) やパンプキン、装飾用コーンなど、実りの秋を感じさせるアイテムをぜひ候補にしてください。テーブルを彩る秋らしい植物には、美しい色合いのザクロもあります。松ぼっくりやシナモンスティックを添えれば、いっそう季節感が盛り上がります。

際立つカラー

今年の秋のトレンドカラーには、チリペッパー (スパイシーなレッド) 、ロッキーロード (大地のようなブラウン) 、エデン (森林を思わせるグリーン) などがあります。PANTONEカラー研究所によると、どれも「自由を追い求め、他人と違う個性を表現する願望」を表しているとのことです。PANTONEカラー研究所が選ぶ2019/2020年の秋冬カラーをもとに、センターピースやキャンドル、テーブルランナーにもこうした色を取り入れましょう。

チェック柄のアクセント

ファッション誌『Vogue』によれば、今シーズンはチェック柄の人気が復活するそうです。最も秋らしさを感じさせるこの柄を、テーブルランナーやナプキン、主役級の家具など、インテリアのアクセントとして取り入れましょう。チェックといえばタータンチェックが定番ですが、それだけではありません。縦横に色が交わるカラフルなタータンが馴染まない場合は、落ちついた雰囲気で他のものと合わせやすいバッファローチェックをおすすめします。
 

Powered By OneLink