新しいスタイルの年末パーティー

年末イベントを魅力アップする5つのヒント

企業のパーティーや友人や仲間内のパーティー、家族の集まりなど、さまざまな集まりがたくさん開かれる年末シーズン。イベントの参加者は、あなたのイベントだけでなく、年末にかけて数多くのパーティーに参加していることでしょう。ということは、このシーズンのイベントは他のパーティーとは一線を画したものにしなければなりません。もちろん、お菓子の家を作ったりクリスマス名物のアグリーセーターコンテストを開いたりするのは楽しいでしょう。だからこそ、あちこちで行われるのです。しかし、こうした絶対確実なテーマを選ぶと、印象の薄いイベントになってしまうリスクがつきまといます。

ひと味違う年末イベントの開催を目指すなら、ここでご紹介するコツを試してみてください。

色づかいにひねりを加える

このシーズンを象徴する色づかいといえば赤と緑の組み合わせですが、この色づかいを守らなければいけないというルールはありません。むしろ、色づかいで冒険してみましょう。ほとんどのパーティーではこの季節の定番カラーを使う可能性が高いため、あまり冬らしくないピンクやパープルといった色を使って華やいだ雰囲気を演出すれば、きっと目立つイベントになるはずです。

VR技術やAR技術を取り入れる 

どれほど努力してもゲストを北極に連れて行くことはできませんが、バーチャルな世界ならそれが可能です。テクノロジー企業と協力し、VR技術やAR技術を使ってイベント会場に仮想世界を作りましょう。

古き良きアイテムを一新する

クリスマスなどの伝統行事が目白押しのこの季節、新しいタイプのイベントを開催するからといって、すべて捨てて一から新しいものを作る必要はありません。古き良き伝統を新しくする方法を考えましょう。たとえば、ホットチョコレートは子供にも大人にも人気のドリンクですから、ホットチョコレートバーを作って提供します。ジンジャーブレッド、ペパーミント、スニッカードードルなど、この季節の定番スイーツを使ってバリエーションをつけ、ホイップクリームや砕いたグラハムクラッカー、シナモン、マシュマロをトッピングにしましょう。

道を照らす

クリスマスツリーの電飾やユダヤ教の燭台など、年末のお祝いはライティングが大きな役割を果たします。そこで、ストリングライトやランタン、吊り下げ式のライトなどを会場に取り入れて、温かく居心地の良い部屋を演出してください。

地域性を感じさせる

祝祭とは関係のないイベントの場合、出席者は地域コミュニティと繋がりのあるイベントに出席したいと考えます。そこで、特別に手配して地域のベンダーを探し、協力してもらいましょう。たとえば地元産の食品をイベントのメニューに取り入れれば、ゲストの記憶に残り、クリスマスのテーマである「施しを与え合う」と言う考えにも一致します。

Powered By OneLink