ミーティングの定番朝食メニューをリニューアル

一日の中で最も大切な食事のメニューを考えるためのヒント

ベーコンエッグやパンケーキにワッフル。朝食は朝のミーティングに欠かせないアイテムであり、伝統的なメニューアイテムでもあります。朝のミーティングを計画するプランナーの皆さんに向けて、充実した朝食と生産的なイベントを演出する、ひと味違った朝のメニューをご紹介します。

世界の料理を取り入れる

Nation's Restaurant Newsは、国際的な朝食メニューが2019年のトレンド上位に入ると予想しています。そこで、世界のメニューを取り入れて朝食メニューをイメージチェンジしてみましょう。日本の温泉卵や、エチオピアの穀物「テフ」で作ったポリッジ、さまざまなチーズやニシン、卵料理を並べたイスラエル風のブッフェなどがおすすめです。

甘くないメニュー

各国の伝統的な朝食には、メープルシロップやヌテラを使ったものなど甘い味付けのものが目立ちますが、朝から血糖値を上げたくないと思うゲストもいるでしょう。そこで、甘い朝食の代わりに塩味の朝食を用意しましょう。たとえば、一般的なワッフルのトッピングに加えて、チキンとチョリソーやトマトとモッツァレラといった選択肢を用意しておけば、甘党でない方もきっと満足されるはずです。

自由に選べる形式

出席者の誰もが定番のチーズとハムのオムレツを食べたいわけではありません。DIYクッキングステーションを用意して、ほうれん草のオムレツやブルーベリーパンケーキ、バナナフレンチトーストなど、好きな朝食を選んでいただきましょう。

小皿料理

朝食は一日の中で最も大切な食事かもしれませんが、ゆっくりと食べている時間がない出席者もいるでしょう。準備が大変な朝のミーティングではなおさらです。ゲストがミーティングに参加しつつ食事も楽しめるよう、会議に集中しながらでも食べやすく、それでいて食べ応えのある手軽なスナックを用意しましょう。

コーヒーを忘れずに

コーヒーは朝のルーティンに欠かせないアイテムです。カフェインがないと、出席者は朝から元気が出ず、ミーティングが盛り上がりに欠けるかもしれません。ミーティングが活気づくよう、コーヒーは必ずテーブルに用意するようにしましょう。

ミーティング体験を際立たせる

どのようなイベントでも、ミーティング体験を際立たせることが大切です。それは早朝であっても変わりません。朝食ミーティングの開始時間によっては、ゲストの目が100パーセント覚めていないこともあるでしょう。そんなときは朝食のセットアップに重点を置いてみてください。たとえば、エレガントな盛り付けの料理や手の込んだ魅力的なテーブルディスプレイなどで、ゲストの目を覚まします。

Powered By OneLink